xmとは?メリット・デメリットと他社との比較

xmとは

海外FXのトップと言えば初心者からプロまでどんなレベルの人でも快適に使えるXMですよね!

日本人からXMが支持されている理由はたくさんあります。

・圧倒的な知名度と支持率
・日本人向けのサービス提供がある
・会社概要や運営実態がオープンになっている
・リクオートやレート操作などがなく透明性が高い
・XMとトレーダーがwinwinの関係にある

他にもあげるとキリがないくらいです!
でもメリットばかりだと怪しいと思うのが当然ですね。

もちろんXMにもデメリットはあって、知っておくべき欠点もあるので特徴と一緒にメリット・デメリットについてもご紹介します。

気になるポイントについては他社との比較もしてみたので参考にして下さい。

xmの公式サイトもチェックしておきましょう↓
xmの公式サイト

XMの会社概要とサポート

XMの会社概要

まず初めに、xmの会社概要とサポート体制についてまとめましたのでチェックしておいてください。

名称 XM Trading
所在地 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor,3042 Limassol, Cyprus
設立 2009年
ライセンス セーシェル 金融庁(FSA) のライセンス番号:SD010
英国金融行動監視機構(FCA)ライセンス番号:705428
キプロス証券取引委員会CySecライセンス番号:120/10
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)ライセンス番号:443670
従業員数 世界各国に200名以上

XMは取得や継続が難しいライセンスをいくつも取得し、高い安全と信頼性を確保しています。

トレーダーの資金はバークレイズ銀行で分離管理されているので、資金不足の時に勝手に使用したり倒産で戻ってこないなんて事態にはなりません。

業界では数えきれないほどの受賞歴もあり、全世界にトレーダーが存在する海外FXの代表的存在になっているのです。

日本向けHP あり
https://www.xmtrading.com/jp/
日本語サポート あり
電話サポート HPからコールバック申請
メールサポート support@xmtrading.com※メールソフトが開きます
チャットサポート あり
言語 英語・日本語・中国語・マレーシア語・ロシア語・韓国語・チベット語・フィリピン語・台湾語・タイ語・アラビア語・ヒンディー語・ヒンディー語・ギリシャ語・ハンガリー語、フランス語、ポーランド語、イタリア語、スウェーデン語、ドイツ語、スペイン語・ポルトガル語・ダッチ・チェコ語

XMには日本語で対応できるスタッフが20人いますが、忙しいため電話対応は厳しい状況だそうです。

問い合わせをしたい時はリアルタイムで会話ができるライブチャットが早くておすすめです。

平日の9時~21時はライブチャット、その他の時間帯や休日はメールでの問い合わせがスムーズですよ。

XMのメリット

xmのメリット

XMには他の海外FX業者よりも優れていて有利なメリットがたくさんあります。

メリットを紹介するのと一緒になぜメリットとしておすすめできるのか、今回は海外FXでもXMに負けない知名度を誇るGEMFOREXと比較しながら解説しますね!

ボーナスなどの特典が多い

XMはボーナスが多いことは有名です。
しかも毎月増えたり減ったり変更が激しい他社と比較すると、変更はほぼなく豪華なまま継続されています。

XMとGEMFOREXのボーナス比較

XM GEMFOREX
口座開設ボーナス 3,000円 0円~20,000円
(ない時とある時がある)
入金ボーナス 50,000円まで→入金額の100%
~225万円まで→入金額の20%
当選者のみ入金額の100%
(当たらなければなし)
その他ボーナス ロイヤルティプログラム なし

XMなら新規口座開設だけですでに3,000円の証拠金がある状態なのは大きなメリットです。
入金することなくトレードを開始できます。

さらに入金をすることでボーナスがつくのでもっとお得になります。

新規でXM口座を開設して10,000円入金した場合
3,000円+10,000円+10,000円=23,000円

たった10,000円の入金で23,000円の証拠金になるので、ハイレバレッジでトレードをしたい人や最初から資金をたくさん使うのが不安な人には注目のポイントです。

トレード実績によってロイヤルティプログラムもあるので、常にボーナスが続いている状態で使うことができるのは間違いなくメリットですよね!

業界一の通貨ペア数

XMの取り扱い通貨ペア数は業界一です。
GEMFOREXと比較するとその差がはっきり分かります。

XM GEMFOREX
FX通貨ペア 57種類 33種類
CFD 42種類 10種類
貴金属 4種類 2種類
エネルギー 5種類 2種類

XMもGEMFOREXも主要銘柄は抑えてありますが、XMならその他マイナーな銘柄の取引をすることもできるメリットがあります。

XMでは以前は5種類の仮想通貨の取引も可能でした。

BTCUSD(Bitcoin/USD)
BCHUSD(Bitcoin Cash/USD)
ETHUSD(Ethereum/USD)
LTCUSD(Litecoin/USD)
XRPUSD(Ripple/USD)

2019年12月に取引が停止され現在も取引ができない状態です。

復活の予定は今のところは発表はなく、決済をすることだけができるようになっています。

1人8個まで口座が持てる

XMでは1人最大8個まで口座を保有することができます。

複数口座を保有するときに

・口座から口座への資金の移動
・口座タイプの使い分け
・レバレッジの使い分け

をすれば、利益を出しやすくなったり資金管理が手軽になるメリットがあります。

口座別にレバレッジを変えておけば、ボラティリティが高い銘柄の取引の時に使いリスク調整が可能です。

手法や取引銘柄によって口座を使い分けるのもコスト削減効果があります。

ただXMでは同一口座内では許可されていても、複数口座間の両建ては禁止行為に該当するので口座凍結のリスクもあり注意が必要です。

低コスト重視の口座も選択できる

ボーナスがつかない代わりに最小0pipsの極狭スプレッドでコストを極限まで抑えることができるゼロ口座を選択することもできます

ボーナスがないなら損をするのでは?と思う人も多いのですが、総合的に見るとスプレッドが狭い分ゼロ口座の方がコストは抑えられるのです。

さらにゼロ口座でかかる取引手数料は取引明細書として確定申告で経費申請が可能なので、節税ができるというメリットも兼ね備えています。

リクオートや約定拒否がない

XMでは注文の99.35%が1秒以内に約定されている実績があり、リクオートや約定拒否がありません

他の海外FX業者では経済指標の発表や要人発言で大きな値動きがあった時に、滑りが起こって想定外の価格で約定されてしまうことは珍しくはありません。

諦めるしかない現象なのですが、約定力が高いXMではほぼ起こっていません。

最低入金額が500円

最低入金額がXMはかなり低く設定されていてたったの500円です。

GEMFOREXは1,000円なので倍違うことになります。そこまで大きな差ではありませんが、ハードルが低いのはメリットです。

ただXMのゼロ口座だけは最低入金額が10,000円なので間違えないようにしてください。

VPSサーバーが無料で使える

条件を満たす必要がありますがXMでは無料でVPSサーバーを使うこともできます。

XMのVPSサーバーのメリット
・常にPCを稼働させておく必要がなくなる
・レンタルサーバーで契約するよりコストが低い
・通信速度があがりさらに約定力が高くなる
・パソコンの消耗や電気代の節約にもなる

自動売買やスキャルピングでXMを使っている人には無料VPSはかなり大きなメリットになります。

XMで無料でVPSを使うための条件は

①口座残高が5,000ドルある
②1ヵ月に往復5ロット以上の取引がある

条件を満たすことができなくても月28ドル程度で使うことができるので、直接レンタルサーバーで契約をするよりも安く抑えることが可能です。

XMのVPSサーバーはBeeks社のものですが、XMを通さず直接Beeks社と契約をすると料金が高くなるので注意してください。

日本語対応のWEBセミナー

XMは日本語に対応したWEBセミナー「FXウェビナー」を開催しています。

テクニカル指標について・ローソク足について・交換レートについて・質問会など色々なことを学ぶことが可能です。

講師はXMが認定している知識と経験豊富なプレゼンターで、完全無料で10ヵ国語を超える言語対応で配信されています。

開催は火曜日・水曜日の21:00からで、1回の配信は1時間となっています。

事前申し込みが必要なので、公式サイトのウェビナー予定から申し込みを行って参加してください。

ウェビナー予約はこちら

他にも1日2回のFXシグナル無料配信サービスもあります。

自分でネット検索をして勉強をすると、知らず知らずのうちに間違った知識を覚えてしまうリスクを背負ってしまいます。

でもXMなら無料でプロから学べるメリットがあるのです。

日本人への対応が完璧

公式サイトを見ても分かるようにXMは日本語のページがあり、理解できないということがありません。

サポートスタッフにも日本人が20人在籍しているので、英語が一切できなくても日本語で会話ができることも嬉しいメリットです。

メールやチャットサポートでも日本語で質問をすることができるので、日本人への対応は完璧だと断言できます。

XMのデメリット

xmのデメリット

メリットが多すぎて影に隠れて目立つことがないデメリットもあるので、後から知らなかった!と後悔しないように先に頭に入れておきましょう!

出金の方法が決まっている

XMではマネーロンダリング防止のために、入金した時の方法と同じ方法でしか出金ができないように決められています。

◇銀行送金
電信送金で銀行へ出金する

◇クレジット・デビットカード
入金額と同じ金額までは同じカードへ出金
入金額を超える分は電信送金で銀行へ出金

※JCBカードの場合は出金処理が不可能なので電信送金で銀行へ出金

◇bitwallet(STICPAY・BXONEも同じ)
入金額と同じ金額まではbitwalletへ出金
入金額を超える分は電信送金で銀行へ出金

複数の入金方法を利用しているトレーダーに関しては、

①クレジット・デビットカード
②bitwallet・STICPAY・BXONE
③電信送金

の順番で決められた優先順位に従い出金されます。

クレジット・デビットカードを複数利用していた場合は、1番最後に使用したカードが選択されます。

出金方法を選ぶことができないデメリットは覚えておいてください。

控除や損益通算はできない

国内FXやバイナリーオプションでは、損益通算や繰越控除を使うことができます。

でもXMは海外FX業者なので対象外となり使うことができないので、損失のリカバリーをすることができないデメリットがあるのです。

他に税制度も申告分離課税ではなく総合課税となるので、XMで431万円以上の利益を出すと国内FXよりも多く税金を支払うことになるデメリットがあります。

休眠口座の条件が厳しい

XMでは他社よりも休眠口座になりやすいデメリットがあります。

休眠口座になる条件
XM◇90日間取引がない
GEMFOREX◇1年間取引がない

3ヵ月しか猶予がないXMに対してGEMFOREXは1年間の猶予があります。

もしXMで休眠口座となってしまった場合、1ヵ月に5ドルの口座維持手数料が発生してしまうのも大きなデメリットですね。
さらに120日以上取引がないと口座凍結になるので注意してください。

XMとは信頼できる海外FX業者である!

メリット・デメリットや他社との比較から、XMは信頼できる海外FX業者であることがはっきりと分かりました。
デメリットとなっているポイントについても、マネーロンダリングや不正行為ができないようにするための対策なので納得できます。

メリットの方が明らかに多いこともあり、XMは安心して使える信頼できる海外FX業者と言えます。

XMなら口座開設だけで3,000円がもらえるのでメリット・デメリットを理解した今、まずはお試しでデモトレードをしてみるのもおすすめです。

xmのデモについてはこちら↓