ザ・オプションでも口座は凍結するの?使用禁止になる条件とは

2020年9月17日

ザオプションの口座凍結について

こんにちは、中山です。

バイナリーオプションには口座の凍結というものがあるのをご存じですか?

規約違反をした者(口座)に課せられる罰則であり、取引の停止や利益の没収など、非常に重いリスクが課せられてしまいます。

ザ・オプションでも口座の凍結は存在し、取引をする中で、最も注意すべき事項の一つと言えるでしょう。

ですが、凍結される理由が分からなければ注意のしようもありません。
滅多なことでは凍結はしないと思いますが、知らずに規則違反してしまう可能性も十分にあります。

どのようなことをしてしまうと、口座が凍結させられてしまうのでしょうか?

中山
中山
ザオプションの口座凍結事情を知っておきましょう!

ザオプションの公式はこちら

口座が凍結されるとどうなる?

ザ・オプションでは、口座が凍結すると取引ができなくなります

稼いだ金額もすべて没収され、継続してバイナリーオプションができなくなるのです。

一応、入金額だけは没収されないものの、出金するためには入金額の最大10%を支払う必要があります。
取引できない口座にお金が残っていても仕方がありませんので、実質凍結されることで初期状態よりもマイナスになるわけです。

よっぽどでなければ警察や弁護士に連絡はいきませんが、稼いだお金や入金額の一部が無くなるのは痛手と言えるでしょう。

頑張って稼いだ結果も全て水の泡ですので、口座の凍結は絶対に避けたい事の一つと言えます。

中山
中山
凍結は自分の資金がなくなるから注意しよう!

口座が凍結される理由

口座が凍結される理由

では、どのような事をすると口座が凍結されてしまうのでしょうか。

「知らなかったから」と言って許されるわけではありませんので、覚えておくと良いでしょう。

ザオプションで口座凍結される理由

  • フロイトランニングなどを使った不自然な取引
  • 本人確認書類などを偽った場合
  • 自動売買取引ツールを使用した場合
  • 重複口座の作成
  • 入金額が異常に多い場合
  • 投資目的以外で口座利用した場合
  • 違法行為が無くても口座凍結することもある
  • 短期間で稼ぎすぎている場合
  • 短時間で投資が多すぎる場合
  • 別アカウントで投資をした場合
中山
中山
凍結する原因はこんなに多くあります。
しっかり把握して凍結されないようにしましょう。

フロイトランニングなどを使った不自然な取引

一つ目は、フロイトランニングを始めとした不自然な取引を行った場合です。

フロイトランニングとは、別の客の注文に横入りして、自分に有利な状態で取引をします。

例えば、ある客が1株200円で購入を希望したとします。
そこへ別のお客が購入の横入りをし、先に190円で購入してしまいます。
そしてすぐに売却すれば200円で購入する順番待ちがいますので、確実に10円の利益が出るわけです。

バイナリーオプションで言えば、事前に大金の流れが分かることで、値動きする方へ確実に投資することができるわけです。

株式のインサイダー取引と似ており、事前に情報を知ることで、確実に儲けることができるでしょう。

実際に行うためには金融商品取引業者やその役職員の協力が必須ではありますが、共謀すれば確実に大金が得られることから、実施する人は多くいます。

他にも、不自然な取引をすれば不正を疑われ、口座を凍結させられます

本人確認書類などを偽った場合

二つ目は、登録情報に不備・または嘘が発覚した場合です。

ザ・オプションに限らず、バイナリーオプションの口座を作る際は個人情報が必要になります。
偽情報だと口座開設ができないのもありますが、それ以前に書類の偽造申請は犯罪なため、どのような理由であっても認められません。

また、書類に偽造があると、ハッキングの心配もあります。
全くの他人が個人情報を盗んで登録している可能性もあるため、偽造が発覚した時点で口座は凍結してしまうのです。

「個人情報を渡したくないから」などの理由もあるとは思いますが、絶対に虚偽申請は行わないようにしてください。

自動売買取引ツールを使用した場合

三つ目は、自動売買取引ツールを使用した場合です。

自動売買取引ツールとは、AIによって自動で取引を行うサポートツールのことです。
自分で売買しなくても、指定した値動きがあればAIが自動で売買してくれます。

自分が見ていない時や値動きが激しい時でも、ベストなタイミングで売買してくれるため、ツールを使えば勝率は高くなります。
ツールに任せておけば自分は別のことができるなど、とっても便利なサポートアイテムと言えるでしょう。

ですが、そのような勝率上げるツールを使われると、運営は赤字になって困ってしまいます。
他にもツールによって短時間に売買されるとサーバーに負荷がかかり運営に支障が出ることもあるため、基本的には自動売買取引ツールの利用を認めていません

また、どのような時間帯でもすぐに投資してくることから、口座がハッキングされて勝手に使われていると疑うこともできます。
安全に投資をしてもらうためにも、犯罪利用を見過ごすことはできないでしょう。

投資者にとっては便利なのですが、運営によっては非常に都合が悪いため、規則で禁止されているのです。

重複口座の作成

四つ目は、個人で口座を複数所持した場合です。

一見するとメリットが無いように思えますが、口座を複数作ることができれば、口座を欲しい人に売ったり、マネーロンダリングに利用したりなど、様々な悪事ができてしまいます。

口座開設は一人一口座。名義を変えても、利用者が一人だとバレれば凍結されますので注意してください。

入金額が異常に多い場合

五つ目は、入金が異常に多い場合です。

バイナリーオプションは少額から始められる新しい投資方法です。
最小100円から始められるため、そんなに投資金額は必要ありません。

それなのに、数百万や数千万円を入金するのはとても怪しいです。
強盗をしたお金を入金してマネーロンダリングをしてるかもしれませんし、口座を介して怪しい資金取引をしているかもしれません。

なんにしろ、犯罪行為の可能性が非常に濃厚なため、入金額が異常に多すぎると、犯罪行為を抑制するために口座を凍結するのです。

投資目的以外で口座利用した場合

六つ目は、投資目的以外で利用した場合です。

「入金額が異常に多い場合」でも話したように、口座を使うことでマネーロンダリングや資金の受け渡しなどができてしまいます。

どのような理由であれ、犯罪行為はいけません。バイナリーオプションの口座なのですから、それ以外で使用するようなら、犯罪の可能性ありと見なされ凍結させられます。

違法行為が無くても口座凍結することもある

規約違反の行為をして口座が凍結されるのは仕方ありませんが、残念なことに規約違反をしていなくても凍結されてしまうこともあります。

規約違反を見逃すわけにはいかず、怪しい投資をしている口座は、真偽はともあれ凍結してしまうのです。

とはいえ、「運営の勘違い」で口座が凍結されてしまっては堪ったものではありません。

勘違いで凍結されないためにも、投資方法には注意が必要です。

短期間で稼ぎすぎている場合

あまりにも短期間で利益を出しすぎる場合は、フロイトランニングやツールの使用を疑われてしまいます。

ローリスクローリターンのバイナリーオプションで、数百万~数千万と大金を稼いでいるのは「何か不正をしているのでは?」と疑われてしまうわけです。

とはいえ、短期間で結果が分かるのもバイナリーオプションの特徴ですので、投資回数を増やし、値動きを読む力と運がよければ、大金を稼ぐことも不可能ではありません。

そのため、凍結されたという話は結構あります。

口座が凍結される金額は人によって違います。
利益が出すぎてる時は注意してください。

短時間で投資が多すぎる場合

「投資のチャンスだ」と思って連打取引をしていると、ツールの使用を疑われて口座を凍結させられてしまいます。

根拠の無い連打取引は無謀な賭けであり、そのような賭けに大金を投資するのは普通ではないと思われているのかもしれません。

例えチャンスだったとしても、連打投資は控えるようにしましょう。

別アカウントで投資をした場合

パソコンは、複数のユーザーアカウントを所持することができます。
同じパソコンであっても、アカウントを変更すれば別のパソコンとして使うことができ、夫婦や家族で使うのにとても便利な機能です。

ですが、結局は同じパソコンですので、全てのユーザーアカウントは同じIPアドレスを使用しています。
そのため、IPアドレスで判断する運営側としては、同じパソコンから別の口座も使う重複口座のユーザーに思われてしまい、口座を凍結されてしまうのです。

IPアドレスは基本的にはパソコンで固定のため、同じパソコンを使い続ける限りは、再び凍結されてしまいます。

家族で取引を行うなら、パソコンを別に用意するかスマートフォンからバイナリーオプションを続けるといいでしょう。

ザ・オプションは公式アプリも配信しています。
好きな場所で取引ができますので、ぜひ利用してみてください。

口座凍結されてしまったら

勘違いで凍結されるように、正しく利用していても口座が凍結されることもあるでしょう。

凍結されてしまった場合の対象方法を紹介します。

凍結された場合の対処方法

  • 運営に連絡をする
  • 諦めて別の業者を利用する

運営に連絡をする

基本的には、運営に連絡をして凍結を解除してもらいます。

本当に不正行為をしていなければ間違っているのは運営側です。
しっかり説明をすれば誤解は無くなり凍結は無かったことにしてもらえます。

中山
中山
普通に取引をしていて凍結されてしまったらあきらめずにサポートに連絡してみて下さい。

ザオプションのサポートはこちら

ただ、必ずしも上手くいくとは限りません。いくら説明しても信じてもらえない時もあるからです。
証拠となる物を提出できなければ証明も難しく、結局は諦めてしまうしかないでしょう。

諦めて別の業者を利用する

口座が凍結されてしまったら、諦めて他の業者に移る手もあります。

他の業者に移動したい場合は、ハイローオーストラリアがおすすめです。

説明すれば解除してもらえるとはいえ、証明するのは難しく信じてもらえないかもしれません。
解除まで時間がかかることもありますし、何より再び誤解凍結される可能性も十分にあるからです。

口座に残っているお金が少ないのなら、キッパリ諦めて別のバイナリー業者を使う方が、面倒がなく楽と言えます。

もちろん、口座に大金が入っているなら話は別です。
折角の利益が無くなるのは勿体ありませんので、ダメで元々、運営に連絡を入れたほうが良いでしょう。

清く正しく取引を行うことが大事

ザ・オプションを使うなら、規則に沿って正しく使用してください。
利益が出る以上は儲けたいのはわかりますが、バレてしまうと全てが水の泡になってしまいます。

ザ・オプションでは入金額の最大10%も没収されるため、実質赤字と言えるでしょう。
儲けるためにツールなどを使ったのに、結局赤字では本末転倒です。

ツールや重複口座など、規則違反をしなくても利益を出している人はたくさんいます。
それらの人たちを見習って、誠実に、そして確実に利益を出していきましょう。

それでも、口座を凍結されてしまった場合は、どうしようもありません。運営に連絡をしたり、小まめに出金したりなどして対策をとってください。

ザ・オプション以外だと、ハイローオーストラリアが人気です。
使いやすく、国内業者に匹敵するくらい信用がある海外業者になります。

誤認凍結なのに信用してもらえない時には、口座の引っ越しも視野に入れましょう。

ザオプションの公式はこちら