バイナリーオプションの順張りと逆張り2つの手法を知って取引に活かそう

バイナリーオプションの順張りと逆張り

こんにちは、中山です。

バイナリーオプションにも稼ぐための手法があり、大きく分けて「順張り」「逆張り」と呼ばれる2種類があります。
それぞれ特徴も異なり、どちらが使いやすいかどうかというのは使う人との相性もあります。

今回は、この二つの手法の中でも順張りに焦点を当てて紹介していきます。

順張りではどのように取引をしていけばいいのか、稼ぐためにはどのようなコツがあるのかということについて触れているので、ぜひチェックしてみてください。

また、順張りの取引のメリットやデメリットについても触れているので、この手法を使う前にまずは確認しておくことも大切なポイントです。

中山
中山
順張りと逆張りについて知っておきましょう

逆張りとは?

逆張り

逆張りというのは、相場のトレンドとは逆方向のボジションで取引を行っていく方法です。

相場が上がっている時には売却を行い、相場が下がってきた時に購入する手法なので、「逆」張りと呼ばれているのです。

ただ、バイナリーオプションを行う上では、相場の動きに反した行動をするのはリスクが高いので、この逆張りもかなりのテクニックがないと使いこなすのは難しいとされています。
利益が得られるという確固たる根拠がない状態では多くの場合、失敗に終わります。

逆張りでは「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「オシレーター系」などの手法がありますが、いずれも相場などを予測する力が必要になるので、初心者向けではありません。
ある程度順張りで経験を積んでから、バイナリーオプションに慣れた状態で挑戦するのが良いでしょう。

順張りとは?

順張り

順張りというのは逆張りとは180度違う方向から取引を行うものです。

簡単に言えば相場に合わせて取引を行っていく方法です。
相場が上昇になっている時には買いの取引を行い、下降気味の時に売りの取引を行うのが「順張り」と呼ばれる手法なのです。

相場に合わせて取引を行っていくので逆張りよりも利益につながりやすく、バイナリーオプション初心者向けの方法となっています。トレンドと同じ動きを取ることで必然的に利益にも繋がりやすいので、バイナリーオプションのやり方がよくわからないという人は、まずはこちらの手法から入ったほうがいいでしょう。

順張りでは「ローソク足」「押し目買い」「戻り売り」「移動平均線」などの手法を使って稼いでいくことができます。特に相場の動きを時系列で観察して始値や終値などで判別するローソク足は、FXだけでなく株式取引などでも重要視される手法なので、覚えておくといいでしょう。

また、終値の平均値を線でつなげた「移動平均線」は相場の動きを把握しやすく、初心者にも取り入れやすい手法となっています。きになる人は、まずこちらの読み解き方から学習していくといいでしょう。

順張り取引のメリット

順張りと逆張りの違いについて紹介してきましたが、今回は順張りにスポットを当てて紹介していきます。
順張りの取引を行う場合には、どのようなポイントを意識したらいいのでしょうか。

順張りの手法では、相場に準じて取引を行っていくことになるので、損失を生みにくいのが大きなメリットと言えます。

バイナリーオプション初心者でも利益を生みやすいので、始めたての場合はまず順張りからトライしていくといいでしょう。

バイナリーオプションについてよくわからないという場合でも、相場がハイの時は買い、ローの時に売るというわかりやすいエントリー方法となっているので、簡単に始めることができます。売ればいいのか買えばいいのかわかりやすいので、初心者はまずこの方法を試してみてください。

順張り取引のデメリット

初心者に優しい順張りの方法にも、デメリットと言える点はあります。

順張りのデメリットはエントリー回数が増えることです。

バイナリーオプションで順張りを行うと、トレンドの方向に準じて取引を行うようになるので、エントリーをする回数が必然的に増えます。
取引に勝ち続けていけばその分利益も増えやすいのですが、トレンドが転換して逆方向に向いてしまったりすると、逆に損失の方が大きくなってしまうので気をつけなければなりません。

慣れるまではあまりに頻繁にエントリーをしないようにして、リスクヘッジをしていくことも大切なポイントと言えます。
順張りにも慣れてくれば、損失を産みにくくなり、利益をコツコツと増やしていくことができるようになるでしょう。

順張りを成功させるポイント

順張りを成功させるポイント

順張りは逆張りと比較すると、バイナリーオプションの手法の中でも利益につなげやすくなっています。

しかしそうはいっても、利益を大きくして成功させていくためには、心がけるべきポイントもいくつかあるので、こちらもチェックしておきましょう。

まずはトレンドをしっかり見極める

バイナリーオプションに限ったことではありませんが、株式投資やFXなど投資を行う場合には、トレンドの動きをしっかりと見極めることが大切です。

その動きがどう変わっていくことを予測して、予測通りに動けば利益につなげることができるからです。

初心者のうちはトレンドの動きなども予想するのは難しいでしょうが、トレンドに合わせてエントリーをしていけば基本的には利益につなげることができます。
しかししっかりとトレンドを見ておくことが重要になるので、慣れるまではこまめすぎるくらいこまめにチェックをするようにししておきましょう。

順張りでは基本的にトレンドに沿った動きをすることになるので、損失などは生みにくいのが大きなメリットではあります。
逆張りよりも挑戦しやすいので、バイナリーオプション初心者向けの方法と言えます。最初は順張りでしっかりとトレンドの読み方を学んで、慣れてきたら逆張りにも挑戦してみるというような作戦でいくのもいいでしょう。

順張りにも様々な手法がありますから、ローソク足や移動平均線など主要なものから始めて、トレンドの移行や推移の見方などを学習していくようにするといいでしょう。
いろいろな方法を使えたほうが、利益にもつなげやすくなります。

デモトレードで練習をする

バイナリーオプションを始めようと思っても、いきなり資産をつぎ込むのはどうしても不安だと思います。
いきなりお金をかけて失敗してしまうとそのあと継続していくモチベーションを保つこともできなくなってしまいます。

初めて行うので不安だという場合には、まずはデモトレードを行ってコツをつかんでいくことが大切です。

デモトレードはいわばお試し取引のようなもので、お金をかけずに本番さながらの取引を行うことができるので、初心者の良い練習台になります。

ぶっつけ本番で痛い思いをしながら経験を積んでいくというのでもいいのですが、できる限りリスクは背負いたくないという場合には、まずはデモトレードで練習をしておくことが大切です。
デモトレードでは本番さながらの仕様でトレードをすることもできるので、何度か継続してチャレンジして、慣れてきたなと感じたら本番に移行するというスタイルが最も不安なくできるでしょう。
近年ではアプリなどでもデモトレードができるものが増えているので、隙間時間を見つけて練習をしてみるといいでしょう。ある程度経験値が詰めてきたら、いよいよ本番に挑戦して、経験を積んで稼いでいきましょう。

ハイローオーストラリアのデモトレードなら順張りの練習もたくさんできますよ↓

トレードで実践をする

ある程度デモトレードで取引の練習をしたら、次第に自信がついてくるでしょう。
チャートやグラフの読み方についてもわかってくるでしょうから、取引が楽しくなってきます。
そのような状態になったら、いよいよ本番にチャレンジしてみて下さい。

デモトレードのように気軽にできるものではなくなってしまいますが、デモトレードでトレードの仕方に慣れてくれば、楽しみながらエントリーができるようになるはずです。
不安なところがある場合にはまたデモトレードに戻ったりしながら、少しずつ本番に慣れていくようにすると良いでしょう。

最初は無理をせずに少しずつ実戦の機会を設けていけばいいので、自分の無理のないペースで行っていくようにしましょう。
本番にチャレンジすることで失敗をすることもあるでしょうが、何度も行っていくうちに経験が培われるので、どんどん利益を出すことができるようになることもあります。

こればかりは実践あるのみとも言えるので、自分が納得いくまででもトレードが出来たら、あとは自分を信じて本番に挑戦してみてください。

まとめ

今回は、バイナリーオプションの中でも比較的初心者向けで、誰でも始めやすい順張りについてその手法やメリット・デメリットについて紹介してきました。

順張りの方法をとることで、比較的楽に取引を行っていくことができるので、これからバイナリーオプションを始めるという人は、取り入れてみるといいでしょう。

もちろん順張りにも幾つかの手法がありますから、デモトレードなどを行って経験を積んでいくことも大切です。

トレンドの動きに準じてエントリーをしていくというシンプルなものなので、初心者・未経験者でもとっかかりやすいのが順張りの魅力です。

これからバイナリーオプションを始めようと思っているけれど右も左も分からないという人は、まずは順張りから始めてみてください。
ある程度取引の方法がわかってきたら、次第に本番の回数を増やして、慣れていくといいでしょう。バイナリーオプションは感覚をつかむのに経験あるのみなので、自分の納得がいくまで練習をして、楽しんで取引をしていきましょう!